仕事と生活の調和への配慮の原則(労働契約の原則その3)(第3条第3項) of 労働契約法のポイント

労働契約法をもっと理解するためのサイト「労働契約法のポイント」

HOME > 仕事と生活の調和への配慮の原則(労働契約の原則その3)(第3条第3項)

仕事と生活の調和への配慮の原則(労働契約の原則その3)(第3条第3項)

3 労働契約は、労働者及び使用者が仕事と生活の調和にも配慮しつつ締結し、又は変更すべきものとする。


 近年、国の施策としても行われている「仕事と生活の調和(ワークライフバランス)」に関する規定をおいています。これについては、労働契約の締結当事者である労働者と使用者が、労働契約を締結したり、変更したりする場合には、仕事と生活の調和に配慮すべきものという「仕事と生活の調和への配慮の原則」を規定しています。

 なお、「仕事と生活の調和(ワークライフバランス)」とは、働く人が企業から求められる仕事を責任もって果たすと同時に、仕事以外の生活(家庭生活、自己啓発、地域活動など)も充実できるよう、バランスのとれた働き方の実現を目指すものです。

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

bana3.jpgbana3.jpg